2002
10.10

日本でもハロウィンはずいぶん一般的に広まってきたのに、
ジャック・オ・ランタン用のカボチャを探すのは至難の技。
売っているお店がもっと身近にあってもいいんじゃないかなあ。
花屋さんやクラフトショップの店先をひとつひとつ
覗き込みながらきょろきょろ街を歩きます。

そしてついに見慣れた明るいオレンジ色が目に止まりました。
ああっ!カボチャ提灯用のカボチャ発見!
アメリカでジャック・オ・ランタン用に売られているものよりは
はるかに小さくてメロンくらいの大きさですが、
これより大きいのがあっても担いでは帰れないし、
ポーチのカボチャ提灯を目印にしてお菓子を貰いに来る子供達も
近所にはいないから今回はこれで充分。

どこのお店で買ったのかって?
たぶん今から探しに行ってもみつからないでしょうね。
道行く人の顔も判らぬ黄昏時、こんなところにこんな道があったかな、
と見なれぬ狭い路地に吸い寄せられる様に入って行くとその奥に
──なんて所ではありません。

人通りの多い繁華街のアーケードで、
このごろ休日だけテーブルやワゴンを並べて
採りたての野菜やお茶や川魚などの山から持って来た産物を
小さな市のようにして売っているのですが、
つやつやした秋茄子や茸の籠の隣にごろんごろんと
「おもちゃかぼちゃ:鑑賞用のかぼちゃです」と
ラベルの張られた凹凸の少ないオレンジ色のかぼちゃが。

これこれ、これください!
店番の農家の若い奥さんが「食べられませんよ」と念を押すのに
はいはいはい、と力強く頷くと、
「ハロウィン?」とにこっと笑いました。
はい!提灯を彫ります!

ラベルには更にこんな文が。
「農薬、化学肥料、除草剤等の薬剤を一切使用せずに栽培しています」
食るものではないけれど、子供達もほじくって遊ぶ事を考えたらこれは安心。
しかし大きさと言い重さといい、
‥‥夕暮れの街を生首かかえて歩いているよう。(ナルシア)

2002
10.09

昨日は雨で、日中でも肌寒い一日だったので、
それに懲りて今日は、タートルネックのアンサンブルで出勤したのですが、
つい冷房に手が伸びてしまう暑さでした。

日本アイスクリーム協会のホームページには、
「アイスのいろいろな楽しみ方」として、
いろいろな行事(お花見・クリスマス・お正月・バレンタインデーe.t.c.)
にふさわしいアイスクリームのアイデアが紹介されています。

ハロウィン
http://www.icecream.or.jp/recipe/page06.html
(↑ページなし。アイスクリーム協会のホームに。)

詳しいレシピの紹介というわけではないですが、
焼いたパイ生地に「パンプキンアイス」を盛りつけたり、
かぼちゃの器に「パンプキンアイス」を入れたりと、
ハロウィーンを楽しもう!という提案。

「パンプキンアイス」といわれても、
どこででも簡単に手に入るものではないと思うので、
「パンプキンアイス」そのもののレシピの紹介があれば、
もっとチャレンジしやすいかなあ…とも思うのですが。

でも、ヘルシーで、食欲をそそるアイスですね。
(シィアル)

2002
10.08

ハロウィーンのゲームに、「Bobbing for Apples」というのがあります。
水に浮かべたりんごを手を使わずに、口だけで持ち上げるゲームです。
ハロウィーンではおなじみの、子供たちの遊びだそうです。

映画「ユー・ガット・メール」でも、
晩秋のNYの街角の光景、
公園でのハロウィーンのワンシーンで、
スクリーンの片隅に、このりんご取りのゲームが映っていました。

※ Bobbing Apple Punch のレシピ 

ボビング・アップル(あるいはアップル・ボビング)について調べていて、
「Bobbing Apple Punch」のレシピを見つけました。
とても簡単ですよ。

・オレンジジュース(1カップ)
・アップルサイダー(4カップ)
・パイナップルジュース(1カップ)
・お砂糖(スプーン4杯)
・ジンジャーエール(4カップ)
これをぜんぶ混ぜて、2時間くらい冷やしてから、
小さなりんごのスライスを6-8片とオレンジのスライスを浮かべたら完成。

で、お味なのですが。
“does not taste good smells funny”
という感想が投稿されていて、
ちょっと笑ってしまいました。

つまり。
まずいのですね。(笑)
 (シィアル)

2002
10.07

☆ハロウィーン恋愛占い?

ハロウィン城のホラーパーティー
http://www.lycos.co.jp/fortunes/special/halloween/index.html (※現在はnot found)
という、 LYCOSの占いサイト(無料)がありました。

ストーリーに沿って、選択肢を選びクリックして進んでいくと、
「運命の恋愛コンプレックス・パートナー」が見つかるという、
楽しい占いゲームです。

ちなみに、私の「運命の恋愛コンプレックス・パートナー」は、
インキュブス(夢魔) でした。
・・・(^^;

(シィアル)

私のは、「ナンパ師ドラキュラ伯爵」でしたッ、なぜなの!?
(マーズ)

2002
10.06

「ジャック・オ・ランタン」もマーサにおまかせ。

ハロウィーンの飾り付けに、ジャック・オ・ランタンが欲しいのですが、
オレンジ色の装飾用のかぼちゃが見つかりません。
普通のかぼちゃで作ろうか、
それとも、スイカとか(!)、メロンとか(!)を使おうかとも考えましたが、
紙でかぼちゃのシェードを作ることにしました。

「マーサ・スチュワート・マーサ 10月号」に、
「かぼちゃ形のペーパークラフト」の作り方が出ています。
それを参考にして、
オレンジ色の和紙と、風船を買ってきました。

膨らませた風船に和紙を貼り、
和紙が乾いたら、風船を取り除いて、
その中に、電球を入れたら完成します。

今日、貼り終ったので、今は乾燥中。
完成したら、また報告しますね。
(シィアル)

[参考]
「MARTHA STEWART Martha 10」 (日本語版 / 780円)

2002
10.04

tmajo

絵と文章が両方書けたら、こうしてすてきな本が
できあがるんですよね。

高柳佐知子さんの「ティスの魔女読本」。
残念ながら今すぐは手に入らないけど、
運がよければ古書で探せると思います。
他に、
「アリゼの村の贈り物」
「不思議の村のハロウィーン」
(すべて河出書房新社)

も、この季節とくに読みたい本ですね。

さて、「ティスの魔女読本」では、
魔女のティスとの出会いと別れを
アリゼという少女がつづっています。

ティスたちの住んでいるのは、地球じゃなくって
ラジムフォウカという
『遠くから見れば青い星』なのだそうです。
そこでの魔女の暮らしぶりや、
ほうきの話やダイアモンドを売る話、ネコの話、
ハロウィーンの地球訪問など、
魔女というスタイルが
しみじみと、りんごの芯のところみたいに
ほのかに甘い酸っぱさで伝わってきます。

私たちの住んでいる星が、
魔女たちにとって、とても美しいところだって
知ってましたか?
(マーズ)

ティスの魔女読本

2002
10.03

おまたせしま~し~た♪

今日から開店、始まります、ハロウィーンの魔女会通信。
さてさて、第一話は、魔女のお話。

魔女ってほんとうに、いるの?

イギリスには、公認の魔女がいるんですね。
なかでも有名なのは、ランコルンに住む魔女、
ケイト・ウェストさん。(Kate West)

彼女は作家として魔女系の本もたくさん出しています。
今年も来年も新しい本が出る予定だそうです。
(洋書の取扱店でお探しくださいね)

どうやらまだ日本語にはなってないようですが、
原書を何冊かご紹介しましょう。

『The Real Witches’ Handbook』

『The Real Witches’ Kitchen』

『Spell in Your Pocket』

魔女達のWitchcraft(魔法)について、
もっともっと知りたい方は、どうぞおためしあれ。

魔女達の自然との関わり方、
自然の聖霊との交歓を見ていると、
日本やアジアの古い信仰とも共通するものを
感じてしまいます。
(いや、見たわけじゃないんですけどもね)
はやく日本語で読みたいな。
(マーズ)
2002年10月03日(木)