2001
11.21

 イギリスの清教徒団、ピルグリム・ファーザーズが、アメリカ大陸に信教の自由を求めて、「メイフラワー号」でマサチューセッツ州プリマスに着いたのは、1620年12月26日のことでした。
  上陸した年の冬は厳しく、さまざまな困難にも見舞われ、上陸当時100名余りいた清教徒の大半が寒さや飢え、病気などで命を落とし、春まで生き残ったのは50名ほどだったそうです。(18名いた妻のうち、生き残ったのはわずか2名と伝えられています。) また、彼らは自分たちの数が減り勢力が衰えていくのを、インディアンたちに知られるのを恐れ、墓標も建てられなかったといわれています。

  しかし、生き残った者たちは、インディアン達から狩猟や農耕を教わり、春夏を精一杯働き、その労苦は報いられました。
  秋の収穫の時には一同が教会に集い、会食を催して、収穫を喜び、神に感謝を捧げました。この席には、入植者達の恩人であったインディアン達も招かれ、七面鳥や鹿の肉を持ってきたそうです。この日の用意されたごちそうはかぼちゃと七面鳥で、清教徒の一団とインディアンたちは、三日間、戸外のテーブルに食物を山と積んで、神に感謝を捧げ、讃美歌を歌ったということです。
  これが今日、アメリカの年中行事となっている感謝祭の始まりです。

  現在でも、この日教会では特別の礼拝が行われていますう。街中では大きな七面鳥の山車がパレードをし、一日中賑やかです。家庭でのごちそうは七面鳥やパンプキン・パイが伝統的です。

2001
11.20

「感謝祭」、サンクスギビングデイは毎年十一月の第四木曜日。
  
この日から週末を含めた四日間は日本のお盆休みのような
アメリカ国民の大移動があります。
アメリカ中の学校、会社はもちろんお休み。
それどころかほとんどのお店も閉ってしまうので、
その前にアメリカ中の家庭はめいっぱい食べる物を買い込みます。

2001
11.11

8日目。

数日前からの腐ったすっぱい臭いのために、
ベランダの端っこに出されていた干し首たち。
ちょうど数日前から干し柿が吊るされていて、
きれいに乾いてゆく姿とは対照的です。

大きさの変化は、
特にマーズのが半分くらいになってるようです。
他の二人のは、2/3くらいかな?
表情は、あんまり変わりませんね。
最初の顔が肝心ということがわかりました。

しかし、正面からもちらほら見えるほど、
カビはかなり進んできました。

もうどうやら限界のようです。

3heads1

さようなら、干し首にはなれなかったけど、
楽しい時間をありがとう(笑)、えいっ!(ゴミ箱行き)

そして、もっと寒くなるのを待つのでしょうか(謎)

3heads2

以上、報告:マーズ

2001
11.07

さてさて、3人の魔女が彫りこんだ干し魔女は
どんな具合でしょうか?

まだ4日しかたってないというのに、
2日間雨が降ったせいもあって、
だんだん、あやしげな色の斑点が
うかびあがってきています。

特に、紅玉でつくったマーズの。

どの首も表面は乾きつつありますが、
底の方がぐじゅぐじゅっとしてきて、
やっぱ、日本の湿気じゃムリかしら、
でもまぁ、もちっと様子見。

inbasket1

バスケットの中の首は。。。

マーズの家におあつらえ向きの3段ワイヤー吊りかごが
あったので、ちょうど上からマーズ、シィアル、ナルシアの順に
干し首をのっけて乾かしています。(マーズ)

2001年11月07日(水)

2001
11.06

『わが目の悪魔』
著者:ルース・レンデル / 出版社:角川文庫

11月5日は「ガイ・フォークス・デイ」。
中学生の時にクリスティーのミステリの中で
初めてこの英国の子供のお祭りを知ったとき、
四百年前の実在の犯罪者の人形を作って燃やすなんて
とんでもない風習があるもんだな、と驚いた覚えがあります。

アメリカのハロウィンほど、目にする機会の多くない
ガイ・フォークス・デイの印象的な場面と言ったら
英国犯罪小説の女王、ルース・レンデルの初期作品
「わが目の悪魔」の焚き火パーティーでしょうか。
通勤人が家路につく冷え込む夕暮れ時、
ロンドンのごちゃごちゃした町中の空き地に群がる
子供達と地元の大人、テーブルと簡単なごちそう、
期待に満ちた人々が見守る中で燃え上がるガイ人形。

心の平安をもたらしてくれる「守護天使」の失われた夜。
小心で狡猾な「ケンボーンの絞殺魔」は
再び暗闇に生まれ出ます。
常時隣近所の視線に晒される狭苦しいロンドンのアパートで
神経を尖らせ息を顰めて暮らす犯罪者のサスペンスと破局。
逃れられぬ殺人の衝動より、正体が暴かれる恐怖より、
ガイ・フォークス・デイの炎が一番恐ろしかった物語。
(ナルシア)  2001年11月06日(火)

2001
11.05

11月5日は、ガイ・フォークス・ナイト。
イギリスの各地で、
この前後の日に、花火大会が行われています。
あっちこっちで、花火が上がったり、
大きな篝火がたかれたりと、
例年、火事も多いようで、
ニュースでも火の用心が呼びかけられていました。

Guy Fawkes Night :
イギリスの熱烈なカトリック信者であったガイ・フォークスは
1605年国会議事堂の地下室に火薬を仕掛けて
国王ジェームス1世(プロテスタント)の
暗殺を企てたが、直前に発覚し処刑された。

カトリック側のこの陰謀を怒った議会は
翌1606年「神の助けと法王への憎しみを忘れぬために」
この日を記念日に定めた。

この火薬陰謀事件 ( Gunpowder Plot ) の
記念日 ( Guy Fawkes Day [ Night] ) である毎年11月5日には、
子供たちは町の通りにガイ・フォークスに見立てた
ぼろ人形を作って置き、大人が歩いてくると
「ガイのために1ペニーのお恵みを」
( A penny for the Guy )とねだったりする。

そして最後にはこの人形に火をつけて焼き捨てる。
当日は Bonfire Night(ボンファイヤーの夜)といわれ、
花火を上げたり、祝いの大かがり火をたいて祭りを終える。

2001
11.04

澄み切った夜空をついと光って流れる星を見ましょう。
今年も獅子座流星群の出現日が近付いてまいりました。
でも流星のモトになる彗星が遠ざかっているから
これからしばらくは獅子座流星群も
年々淋しくなるなあと思っていたら、
イギリスの研究者達の計算では
今年はアジアで一時間に数万個の大出現の
可能性があるんですって。
ええ、本当?
一昨年1999年のヨーロッパでの
銀の火花の散るような大出現を
上回る流星雨が日本で見られる?
でも広大な宇宙の中の細い細い塵の帯の
計算なんて難しいから、以前も大勢の人達が
冷たい地面の上で待ちぼうけを喰ったものでした。
でも万が一という事も。
11月19日未明(18日の深夜過ぎ)
午前2時~3時頃が流れ星のピークだそうです。
日本の国立天文台はピーク時に
一時間に20個くらい、という予測をしていますので、
大出現はないとしても、しばらく空を見上げていれば
いくつか綺麗な流れ星を見る事ができるでしょう。
お願いがある方もない方も、
来週の日曜に朝寝坊できたら
深夜、暖かい格好で空を仰いでみませんか。(ナルシア)