2022
10.31

2022hallo-31cat

皆さん、今年もハロって過ごされましたか?
2022年のハロウィーン、魔女Mは
ふだん着ないシックなワンピースで仮装しています。

地球の裏側イギリスでは夏時間が終わる日、
それがほぼハロウィーン。
冬時間となって、1時間が戻ってきます。
その1時間こそ、ハロウィーンに捧げられた「あわい」
なのかも。
などと妄想しています。

2022hallo-m2

2022hallo-m1

それにしても、ハロ通的に今年大賞を捧げたのは
キャンドゥの古代エジプトシリーズ。
打たれました。
さすが打ち倒す者、メジェド。
これですっかり、ハロウィーンのキャラクターに
呼び込まれたと、言っておきましょう。
ゴーストに仮装した子どもに見えなくもありません。

衝動買いしたソックスやシール、袋の類、キーホルダーに
クリップに…
「エジプト文明」をタイトルに掲げ、
世界観がしっかりしていることと、商品がどれもクオリティー高く、
バリエーション豊富というお値打ち感。

キャンドゥに降臨したメジェド様とともに過ごした
10月でした。

今年もおつきあいくださいまして、
ありがとうございます。

ハロウィーン通信の三魔女より

2022
10.30

22hallo-autumn

ああ、絶望の秋は過ぎゆく
太陽のちからは日ごと弱まり
なにかの黒い残像が
四六時中、目の隅をよぎっている

22hallo-redeye

陽が落ち
背徳の街では赤い目が
生け贄を探している
どこに隠れようとも
逃れることはできない宿命

ハロウィーンへのカウントダウンは
とっくに始まっている
キャンドルの炎の奥で
猫があざけり
魔女が甲高く笑う

扉の前に立つ勇気は
ずっと誰かに預けっぱなし
扉を開けよう
勇気はまだ取り戻せないけれど
空騒ぎする胸をなだめながら
鍵のない扉を
そっと押してみよう

今宵こそは

2022
10.29

こわくないけれど、そばに持っていたい
ハロウィーンの絵本。

22hallo-hoshimeguri

子どもたちのための詩もたくさん書いている
ウォルター・デ・ラ・メアの詩に
美しい紫がかった世界が描かれました。
よみがえったのは「夜に飛ぶものたち」という詩です。

昨年図書館で見て、とりこになった絵本。

デ・ラ・メアとラベイの絵本は同じ訳者で
『ホワイトクリスマス』など、季節のシリーズとして
現在、4冊が出ています。

本のうつくしさはもちろん、
現在の日本では児童文学好き以外に
忘れられているような素晴らしい詩に
光が当たることの価値。

『ハロウィーンの星めぐり』 作:ウォルター・デ・ラ・メア 絵:カロリーナ・ラベイ
訳:海後礼子  岩崎書店

2022
10.26

22hallo-kisisisisi1

網代幸介さんの、ハロウィーンにぴったりの不思議にコワイ絵本。
主人公の郵便やさんが、お化け屋敷に手紙を届けると…

絵のちからと、ことばのちから。

ああ、みんな待っているんだ。
どこかの誰かに手紙をもらうって、
こんなにもうれしい
うれしい、ことなんだ。

それはおばけだって、もと人間だって、
生きている誰かだって、同じなんだ。

22hallo-kisisisisi2

こんな遊びもお楽しみ。
つぎは誰かに手紙を書いてみようと
思える絵本。
ああ、小さい魔女の頃に読みたかった!

『てがみがきたな きしししし』網代幸介 作・絵 ミシマ社

2022
10.25

いきつけの
スーパー入り口にある
ガチャポンコーナー。

そこに夏の終わり、こんなシリーズが。

22hallo-sena1

せなけいこの絵本をデザインした
「めがねうさぎBIGポーチ」とな!

22hallo-sena2

300円、入れます入れます。
不肖わたくし、せなさんのおばけ世代ではありませんが。
やっぱりこれはコレクションせねば。

22hallo-sena3

2日にわたって小銭をつくっては投入。

22haallo-sena4

そして5種類をラストまで
コンプリート!

22hallo-sena5

6回の投入でそろいました。
機械に残ったカプセルは3個ぐらいで、
翌日にはもう撤収。

いやはや、おばけだけに
消えるのも早い。(←消したのは誰)

2022
10.24

100円ショップの勢いには王座を譲っても、
やはりコンビニスイーツ、がんばっています。

中村屋の「ご褒美喫茶」シリーズが
かわいい。
かわいいんです。

22hallo-nakamuraya1

おまんじゅう形をしたモンブランとチーズケーキ。

黒猫ちゃんの表情に、きゅんです。

22hallo-nakamuraya2

しかもお手ごろ価格でうれしい。

2022
10.21

ハロウィーンといえば、魔女。
ハロウィーンで魔女といえば、エイドリアン・アダムズの絵本と
連想します。
この絵本の絵は、ちょっと大人っぽいのが新鮮でした。

22hallo-little1

魔女も複数だと単独よりも悪いイメージです。
でも。
みんながみんな、悪いことばっかり
しているわけではないのです。

『やさしい魔女』の主人公、
リトルは、そんな魔女の仲間。

人に親切にして、世の中を
明るくしていけるような魔女です。

魔女たちのリーダーは、
最後にリトルを認めてくれたのでした。
リトルのような魔女も、魔女の世界には
必要なのです。

22hallo-little2

『やさしい魔女』
作/ジーン・マセイ 絵/エイドリアン・アダムズ
訳/大石真理子 出版/新世研2002