2020
10.31

20hallo-monsterhand1

悪い夢を見たあとの
極上な紅茶は
影を恐れる弱さを消してくれる

20hallo-monsterhand2

でも黒い影が
わたしの前に伸びてくるのを
見ないふりしているだけ

20hallo-endinggate

今宵ハロウィーン
どんな小さな影にも
宿っている、さまよえる者たち

やがてハロウィーンゲートは閉じる、
黒い影をことごとく吸い込んで
満足の吐息とともに。

★★★
2020年、短いハロウィーンとなりましたが
ご一緒いただき、ありがとうございました。
            三魔女より

2020
10.30

20.ranbo-2

右上がりに切れた帯に80年代のバブル的熱を感じます。

彗星のごとく消え去った詩人、と表紙に解説されている
アルチュール・ランボー。37歳で風に乗った天才詩人。
わたしの思う天才とは、熱に浮かれて一生を過ごす人です。

「一番高い塔の歌」という詩には
ハロウィーン的熱が叫ばれています。

“ああ、時よ、来い、
陶酔の時よ、来い”

…さあ、いよいよ明日は。

20.ranbo
(「アンネの思い出」)

『地獄の季節』/著・ランボオ/訳・小林秀雄/岩波文庫1938

2020
10.29

ハロウィーンの友といえば、カラスさん。
まあ、実のところ、年がら年じゅう友ですけど。

エドガー・アラン・ポーが詩に詠んだ『The Raven』の大ガラスは
ワタリガラス。

日本では北海道でしか見られないようですが、
兵庫県で観察されたこともあるそう。
世界の神話ではおなじみのカラスですよね。

よく見かけるハシボソガラスや
ハシブトガラスは、英語ではCrow、
ハシボソがCarrion Crow
ハシブトがLarge-billed Crow、
ハシブトガラスはアジアのカラスなんですね。

ミヤマガラス(Rook)とハシボソガラスは
よく似て見えます。

え?
カラスのように賢い黒猫が
ぜひ出してほしいと言ってるんですって?

20hallo-neli

ネリさん、ちょっと不吉すぎませんか?

2020
10.27

ハロウィーンスイーツの良心と呼びたい、
新宿中村屋の
ハロウィン月餅です。

20hallo-getpay

白餡(国内製造)だそうです。
絵柄も凝っているし、
かぼちゃ餡がみっしりと
詰まっていて満足。
餡の複雑な色合いもいい感じ。

絵が細かいから、おそらくけっこうな数で
焼きがうまくいかない月餅が出そう。

焼きがうまくいかないほど
コワもてのかぼちゃになるのかも
しれないけど。

話は変わりますが、
この10月は愛犬アビィのおやつに
人間様用の無添加むき栗をあげています。
喜んで食べます。

この月餅も喜んで食べるだろうけど
もう残ってないよん。

2020
10.25

おや、こんなところにいましたか。

昨夜はずいぶん遊びまわっていたようですね。

20hallo.streetbat.

ああ、なるほど。一番鶏が鳴いたから、巣穴へ帰れなかったと。

それにしても、こんな柱によく隠れましたねえ。

人間たちは気付きませんとも。

一番星が出る頃にはまた、
ビロードの翼をはためかせているんでしょう。

夜遊びは、ほどほどになさいませ。

まあ、ハロウィーンの当夜は無礼講ですけどね。

2020
10.23

そう、こんな秋の夕暮れ時には。

20hallo-evning

オレンジ色の残照に心さらわれて

ずっと昔に見た不思議な人のことを
思い出したりしている。

ほら、テーブルの上にはコウモリの影。

20hallo-batjuice

どこにいても聞こえる、あのかすかな
羽ばたきを
忘れたことは多分ないのだ。

ハロウィーンに魅入られた者には
ちょっぴり切ない夕べの風。

やがて訪れる、闇の匂いがする不思議な人は
わたしの額に冷たい印を付けてゆく。

黒猫よりもすばやく、
コウモリよりもせわしなく、
黒い薔薇のマントをひるがえして。

2020
10.22

地獄の沙汰もなんとやら。
地の底につづいている、誰かの腹の底。
ゴーストすらも吸い込まれる。

20hallo.sweet

隠れようとしたって無駄さ。
鬼たちには、ぜんぶお見通し。
震えている、あんたの心も。

20hallo.kyuuri

ハロウィーンの10月には
地底から躍り出てくる化け物たちが
いくら食べても食べきれないぐらい、
震える心が手に入るのさ。

だってほら、黒い暗い腹の底は
地獄の臭い風が吹く地の底へ
つながっているんだから。